肌の黒ずみが出来る原因
半袖・ショートパンツを履きたい

肌の露出の増える季節に気になるのが肌の黒ずみ。
特に膝は目立つ上、日常的に人目に付きやすい部位なだけに黒ずみがより気になるのではないでしょうか。
皮膚の黒ずみの原因の多くは摩擦によるメラニン色素の沈着ですが、特に膝の黒ずみについて原因とケアを紹介していきましょう。


肌の黒ずみの原因とは?

まず、先ほども述べたとおり、黒ずみの原因は摩擦です。

メラニン色素は皮膚を刺激から守る働きをするものなので、摩擦という刺激から皮膚を守るために作られてしまうのです。
膝はスリムパンツやレギンスなどで擦られるだけでなく、立ったり座ったりの動作でも皮膚は摩擦を受けます。

足を組む、膝をつく、膝で歩く。
これらの摩擦が日常的に膝の皮膚に刺激を与え、メラニン色素沈着をおこし、黒ずみとなっているのです。

さらに、実は膝は皮脂があまり出ず、乾燥しやすい部位です。
皮脂による保護がないことも膝が黒ずみやすい原因です。


足の露出時間が長ければ紫外線による刺激も考えられます。










膝の黒ずみのケア方法とは?

膝の黒ずみの原因はかなり複合的でそれぞれにあったケアが必要です。

例えば、摩擦による刺激ならばまずは予防することです。
足を組む習慣をやめる、膝をつかないように気をつける、ゆったりとしたボトムを選ぶなどしてみましょう。
お風呂ではタオルでこすらずに、手のひらにたっぷりの泡で優しく洗います。
スペシャルケアとして、スクラブなどを使って古い角質を落とします。
スクラブケアはやりすぎると逆に悪化させますのでほどほどに。
重曹とグリセリンをミックスしたペーストなら優しくケアできますよ。

乾燥ケアは基本的には顔と同じです。
たっぷりの化粧水とクリーム、オイルで保湿します。
保湿力の高いココナッツオイルが効果的です。

紫外線には日焼け止めクリームをぬる、足の露出をひかえることで対策を。
ケアは美白効果があるヨーグルトパックなど。
要は刺激を控え、保湿と皮膚の栄養補給を十分にすることが基本です。

どのケアも皮膚のターンオーバーを待たなくてはなりません。
しかも足は比較的ターンオーバー周期の長い部位です。
気長にあせらずケアを続けましょう。